野島埼の霧笛舎が解体に‼

野島埼の霧笛舎が解体に‼

灯台150周年記念式典(11/1)の会場で、野島埼灯台の霧笛舎(千葉県房総半島の南端)が近く解体されることを知りました。それも、3日、4日の同灯台特別公開後間もなくだというのです。
 野島埼灯台へは、私もこれまでに何度か行ったことがありますが、かなり前から霧信号所は閉鎖されており、建物の周囲には草木が生い茂っていて中をのぞくこともできない状態でした。
 今回、その霧笛が跡形もなくなってしまうと知ったからには矢も楯もたまらず、犬吠の霧笛を録音していただいたW君を誘って見てきました。3日当日は、野島崎灯台と同じく犬吠埼灯台も特別公開日でしたので、片道4時間ほどの道のりを往復、犬吠埼の行事にも間に合い、銚子海上保安部の皆さんに野島埼霧信号所の解体前の現況報告や千葉海上保安部や日本航路標識協会(JANA)、(公社)燈光会の方々のメッセージをお伝えすることもできました。

 野島埼の旧霧笛舎は、最終調査や公開日に備えて、可能な限り整理されていましたが、鉄筋コンクリート2階建ての霧笛舎には、あたかも砲撃を受けたような鉄筋むき出しの大穴がいくつも開いており、屋内のエア・サイレン機器や配管・鉄製の階段も真っ赤にさびていて、ゾロリと崩れ落ちそうな状態でした。
 解体後は、ラッパと吹鳴器が資料館に展示される予定とか。また、日本航路標識協会等が調査報告書をとりまとめ中とのことで、学術調査の記録が残ることはせめてもの救いです。

 野島埼のエア・サイレン装置は、犬吠埼の装置と比較すると、同じ方式なのですが、多くの違いが見られます。ザックリいえば、野島埼のエア・サイレンは、戦前から戦後初期にかけてのもので、犬吠埼の一つ前の形式と推測されます。
 まず、原動機については、モーターおよびディーゼル・エンジンという正副2系統になっており、基本的には同じ構成なのですが、原動機から圧縮空気を作るコンプレッサーへ動力を伝える方式が大きく異なっています。野島埼では、長い幅広の布ベルトで原動機から動力をコンプレッサーへ伝える方式になっていましたが、これは戦前の犬吠埼霧信号所の絵葉書や写真等でよく見られるものです。また、大量の圧縮空気をあらかじめ貯めておく貯気タンクの数は、犬吠が5基なのに対して野島埼は2基でした。そのほか、ガラスの扉のついた古い家具を思わせる電気制御盤や壁に取り付けられたコンプレッサーへのオイル供給タンク、圧縮空気を階上の吹鳴器まで送る空中配管などに違いが見られました。ラッパは2階の屋根から屋外に突き出ていましたが、肝心の音を発する吹鳴器は、犬吠埼と同様ラッパと一体になっている送音管の末端に取り付けられたまま残っていました。それは縄できつく縛られ、かろうじて脱落しないでいる痛ましい状態でしたが、ピカピカに磨き上げた予備の吹鳴器(真鍮製)を海上保安部の若い職員の方が展示用に持ってこられた時は感激ものでした。
 ちなみに、野島埼霧信号所の吹鳴は、55秒を隔てて5秒吹鳴だったということです。

いま、三重は志摩、安乗・大王あたりが熱い !

いま、三重は志摩、安乗・大王あたりが熱い !

志摩の第1回灯台ワールドサミットを応援しよう!

開催を今月10日、11日に控えて、目下、志摩市では全国からの参加を猛烈に呼びかけています。
少し前、銚子の老舗の醬油屋さんが伊勢神宮の神嘗祭りに参加、賢島を観光したところ、いろいろな場所で銚子市長の顔写真も入ったポスターを見たぞと知らせてくれました。志摩サミットのおすすめ情報は、私にも9月末当地の犬吠埼灯台乙女養成講座で講演していただいた不動まゆうさんや、江ノ島で灯台グッズの販売をしているアサップのYさんからも届いています。
 シンポジウム会場や懇親会場では多種多様の切り口で灯台に関わっている人びとが大勢集まると期待しています。灯台大好き人間の輪が一段と広がること請け合いなので、皆さんも是非参加してみてはいかがでしょう。
 実は、銚子の犬吠埼も、第2回サミット開催することを市長さんたちの間で申し合わせています。なので、来年のPRと視察を兼ねて市職員や私たち市民も参加します。

毎回、開催地はローカルですが、ワールドと謳うからには、内容面でもその名にふさわしく、"ローカルにしてグローバル”といけたらよいと思っています。

 今すぐにではなくても、いつか、灯台のあるまちがリレーしていくこの灯台ワールドサミットで、航路標識に関連した本物の国際会議をサミットの中で開催することや、灯台で結ばれた外国の姉妹都市や世界中にある灯台ファンの組織(アメリカのU.S.Linghthouse Society、イギリスのWorld Lighthoiuse Society, etc )との交流の場、およびそれらの団体会員の日本灯台見学ツアーの誘致なども実現できるとうれしいですね。

※ 写真と以下のtextは不動まゆうさんから届いた応援メールをそのまま掲載しました。

今年から開催する灯台の大きなイベント「灯台ワールドサミット」についてご案内します。

「灯台ワールドサミット」は灯台の魅力を多くの方と共有し、灯台の文化的価値の高さを広めることを目的としたイベントです。
今年は三重県志摩市で開催し、来年は銚子市(犬吠埼灯台)にバトンを繋ぎます。
将来的に全国の灯台で開催していくことを目標としています!

 

日程:11月10日、11日(土日)
場所:三重県志摩市(大王埼灯台、安乗埼灯台、周辺施設)

◎イベント内容

①灯台の講演 【入場無料】
11月10日(土)11:10~16:20

灯台をご研究なさっている先生方が、灯台建築、歴史などについてお話しくださいます。知的好奇心が爆発すること間違いなし!

講演者
・藤岡洋保先生 (東京工業大学名誉教授)
「灯台に見る日本の近代」

・ヴィンセント・ギグエノー先生(フランス海洋博物館)
「フランス式の灯台とフランスの灯台観光の現状」

・藤島充良先生 (第4管区海上保安本部 名古屋港海上交通センター)
「鳥羽志摩地域の灯台」

「灯台で地域活性をはかる」ことをテーマとしたパネルディスカッションも開催。
志摩市長、銚子市長、御前崎市長、出雲市長が登壇されます。
灯台を未来に残すための大切なディスカッションです!

会場では灯台グッズの販売もありますよ!

 

②安乗埼灯台の元でフグ三昧の交流会 【参加費5000円(申し込み先着50名)】
11月10日(土)17:30~

安乗埼灯台の目の前の芝生にテントを張って懇親を目的としたパーティが開催されます!
旬をむかえる「あのりふぐ」を堪能しましょう。
灯台の踊り場(バルコニー部分)では古の光であるガス灯器の光も点灯(陸から見える側のみ)!
灯台の光を眺めながら志摩の海の幸に感謝しましょ〜!
灯台の夜間公開もあるそうですよ〜♪

 

③灯台クルージングと街歩き!【参加費3000円(申し込み先着合計50名)】
11月11日(日)8:30~11:00

大王埼灯台と麦埼灯台を船から眺めるクルージングツアーです。
海から見る灯台はさらにカッコいいですよ!

船が苦手な方は街歩きツアーに参加してください!
大王埼灯台の見学に加え、志摩の街並みを散策し、海街を体感できます!

 

イベントに参加したい方はこちらからお申し込みください!
http://www.knt-c.co.jp/ec/toudai_summit/
(近畿日本ツーリスト)
このサイトでは宿泊の手配もしてくれます。