slide01
slide02
slide03_kari02

ご挨拶

このたび、20年あまりの灯台遍歴をベースに、ウェブサイト“犬吠埼灯台百科”を新規に立ち上げ、これにより従来の“Hiro’s Lighthouse-犬吠埼灯台のすべて”は発展的に解消することになりました。

新しいウェブサイトでは、犬吠埼灯台の歴史や現況、資料館他2施設の展示物、絵葉書コレクション、灯台の建設や保守管理に関わったお雇い外国人関係の資料など、私が『犬吠埼灯台関係内外資料集』(2015)の刊行という中間目標に向かって少しずつ集めてきた文書や写真類を中心に、他では見られないものをできるだけ紹介するように努めました。

一方、ごく最近、江戸期にも犬吠埼近辺への焚火ないし常夜灯の設置を石巻・那珂湊・浦賀・江戸の船主や商人多数が連名して願い出ていたことが判明し、これまで幕末・明治初年から始まっていた犬吠埼灯台史の奥行きがますます深くなってきたように感じます。

灯台は個々に緯度や経度、光り方、光の強さなど固有の特徴が公表されており、誰でもこれを利用して自分の位置を知ることができます。少し思考を広げれば、灯台や船舶や人々は、この万国共通の位置確認のためのシステムを介してグローバルにつながっているといえるのではないでしょうか。同時に、灯台はそれが立地している地域や近海を行き来する人々のローカルな思いを体現しているようにも受け止められます。私は、そんな広くて深い顔を持つ犬吠埼灯台に強く惹かれるのです。

灯台を観るなら犬吠埼灯台がおすすめです。現在、全国に大小合わせ3211基の灯台がありますが、犬吠埼灯台はそれらの中でも自他共に認める代表格であり、灯台周辺には「お楽しみ」もたくさんあって何度来られても飽きることがありません。 “海終わり陸始まるところ”銚子犬吠埼に皆様もどうぞお出かけくださいますよう。心から歓迎申し上げます。

2017年 犬吠のひろし

犬吠埼灯台のあらまし

下の4つのアイコンをお選びください。


白色円形レンガ造の高塔及び第1等4面閃光レンズを備えた日本の代表的灯台のひとつ。DGPSなど高性能な電波標識が出現した現在でも、目視で確認できる光波標識の特性を発揮し、航行の安全をしっかり守っています。また、年間見学者数10万人超は日本でもトップクラスです。

完成時の姿をいまも留める数少ない灯台のひとつです。天災や戦災による危機、灯器や機器類の性能向上や灯塔・建物の補強改修、業務内容の変遷など試練の灯台史。その底流には、かつて灯台守と呼ばれた保守職員の不断の努力や地域の人々の支えが垣間見られます。

かつて、現地の住民にその音から「牛が鳴いている」と親しまれていた霧笛。犬吠埼霧信号所のオール鉄製の建物と大がかりなエア・サイレン式機械装置は、過酷な自然環境の中で、自ら発する音を失ったいまも人間と機械との百年にも及ぶ緊張の歴史を寡黙に物語っています。

関東最東端に位置する銚子の犬吠埼、真っ白な灯台と真っ赤な太陽、最近では海面に映る「月の階段」も人気です。“思い出の渚”をもう一度、歩いてみるのもよいと思います。簡単なアクセス情報を添えておきます。

灯台の恩人たち

灯台の恩人たち

幕末明治初年に最優先で整備された西洋式灯台は、ブラントンをリーダーとするお雇い外国人の技術者集団が中心となり、日本人との協働でひとつずつ完成させていきました。ここでは、犬吠埼灯台の築造と保守管理の確立に力を尽くした人々をピックアップしてみました。

READ MORE

犬吠埼灯台の資料館

資料館

犬吠埼灯台は見どころがいっぱい。貴重なフランス製の初代レンズ、大迫力の回転する旧沖ノ島灯台レンズ、登録有形文化財の旧霧笛舎、霧鐘等々。ドローンによる空撮動画や霧笛の音も楽しめます。さらに漫画家 萩尾望都先生の直筆サイン入り『霧笛』複製原画も展示されています。

READ MORE
リンドと飯沼水準原標石

リンドと飯沼水準原標石

水位表記の基になった日本最初の水準原標が、なんと銚子の飯沼観音境内にあります。明治5年にオランダ人技師リンドが設定しました。リンドは、利根川をはじめ河川工事の際に重要となる水準測量の導入・発展に大きな貢献をしています。灯台のブラントンと同時期、同じ銚子に足跡を残しているのも奇遇です。

READ MORE

絵はがき集

blog

28Nov
By 仲田 博史 | blog, Printing

さあ、来年は犬吠埼も大ごった!志摩の灯台ワールドサミットに参加して

  だって、メイン行事のトリ、次回開催地挨拶で、市長が自作の犬吠埼の犬の歌を3番まで独唱させてもらったんだもの。もう後には退けません。 10日(土)は、阿児アリーナでの調印式に始まり、講演(4)、パネルディスカッション、次回開催地あいさつとオーソドックスな構成で順調に進み、行事終了後直ちに交流会々場の安乗埼灯台(あのりさき)へ向けて出発。途中、安乗神社で人形浄瑠璃「傾城阿波の鳴門」を観劇、日も暮れて安乗崎灯台の灯も灯り、園地の仮設テントと休憩所で交流会が催された。地元のご協力で気前よく一人一尾あての伊勢エビも振る舞われ、参加者のお国自慢も披露され和やかな雰囲気で閉会しました。 翌11日(日)は、複数のコースが用意されたオプショナルツアーで、私とI君は大王崎近辺のまち歩きコースに参加、九鬼水軍ゆかりのお寺や集落、鰹節小屋などの観光スポットを見学しました。 灯台サミットに参加して、個人的な感想としては、藤岡洋保先生(建築史)の講演から明治中期以降の日本の灯台整備の歴史の捉え方について、また、現職の灯台技術者藤島充良氏の講演からは実務経験を踏まえた鳥羽志摩地域の灯台について知識を深めることができとても有意義でした。そして、なによりも、初回の灯台サミットを設営された志摩市の職員の皆さんや郷土色あふれるおいしい昼食弁当を作って下さった市民の皆さんのおもてなしの心に感謝しています。また、サミットそのものに直接関係はありませんが、一番よかったことは、同行のI君がセットしてくれた賢島の志摩観光ホテルでのステイ。同じく一番困ったことは、雨上がりの賢島駅構内で大きな蚊の波状攻撃を受けたことでした。第2回は、いよいよ銚子市が主催地となります。開催日程や会場もまだ決まっていませんが、銚子は銚子流の規模と内容で、器にあったサミットを設営したらよいと思っています。少なくとも灯台そのものは、相対的には一流なのですから。*写真は、サミット冒頭の志摩市・銚子市・御前崎市・出雲市4市長による調印式の模様です。これから賛同する仲間を増やしながら、順番に灯台ワールドサミットを開催していくことを誓い合いました。左から 竹内千尋 志摩市長、越川信一 銚子市長、栁沢重夫 御前崎市長、長岡秀人 出雲市長、両端はアシスタント役のきれいな海女娘さん(志摩)と茶娘さん(御前崎)<参考> 灯台活用推進市町村全国協議会規約(総    則)第1条 この会は、灯台活用推進市町村全国協議会(以下「協議  会」)という。(目    的)第2条 協議会は、全国の灯台を有する市町村が連携し、灯台を歴史的価値のあるものと捉え、積極的な観光資源化を図ることで灯台の活用を促進し、もって歴史的灯台を次世代に引き継ぐことを目的とする。(事    業)第3条 協議会は、前条の目的を達成するため、次の事業を行う。   (1)灯台ワールドサミット(以下「サミット」という。)の開催   (2)灯台を中心にした周辺地域の観光活用に関する情報の交換   (3)灯台の歴史的価値についての理解促進   (4)灯台が立地する市町村(以下「市町村」という。)との交流促進   (5)その他目的達成のために必要な事業(協議会の会員)第4条 協議会の会員は、この会の趣旨に賛同し、活動を実施する市町村とする。 

0
21Nov
By 仲田 博史 | blog, Printing

そのとき“フレネルさま”の瞳がキラッと輝いた!

11月4日(日)、犬吠埼ブラントン会主催の「第2回犬吠埼灯台乙女養成講座」が現地灯台で開催され、灯台乙女たち(?)を中心に45名が参加しました。 第2回の講座は、テーマを「犬吠埼灯台:全部見せます。語ります」としましたので、説明役を引き受けてくださった銚子海上保安部交通課のU次長さん、S課長さんはじめの職員の皆さんも、入念な事前準備のもと現在の犬吠埼灯台の装備とその働きについて実物の前でわかりやすく説明して下さり、また参加者の素朴な質問にも懇切丁寧に対応して下さいました。 一方、お勉強好きなことでは定評のある参加者の皆さんも、目をランランと輝かせ、耳を霧笛のラッパのようにそば立てて、説明を一言一句も聴きもらさないぞという構えでした。  見学の目玉は、なんといっても灯室内の国産第一等フレネルレンズと旧事務所棟内のAIS(自動船舶識別装置)やレーダー波高計等の計測装置など、どれも普段は見学できないものばかりでした。 狭いレンズ室(上部)には、細く急な鉄の梯子を登って入るため、下で整理誘導係の若い職員さんがヘルメットと軍手を手渡してくれました。レンズ室内で説明やレンズ拭きの指導をしてくれたのは旧知のベテラン職員Uさんで、当日は奥様も参加を申し込まれていたので、いつになく張り切っているように感じられました。  ここでラッキーなハプニングが起こりました。当日は小雨で空が暗かったため、最終組の見学の順番が回ってきたところでランプが点灯、一等レンズが光り始める場に居合わせた参加者たちは、思いがけない幸運に大喜びでした。もしも灯台女子で名高い不動まゆうさんがこの場にいたら、きっと「フレネル様、大好き!」などと輝き始めたレンズにウインクのひとつも贈ったことでしょう。 通常、灯台の光の点灯・消灯は、灯室(レンズ室)の上部に取り付けられた「日光弁」と呼ばれるセンサーが外の明るさの変化を感知し、まず最初に、自動的にガラス部を覆っているカーテンが巻き上げられ、次に、2連装のメタルハライドランプ(1本は予備)が点灯、さらに、レンズが回転するという流れになっています。 最も当日は、見学者の皆さんが外の景色を見られるように、あらかじめUさんが手動で遮光カーテンを巻き上げてありましたので、いきなりランプの点灯から始まったというわけです。 そして、最後に全員集合した霧笛舎では、実際に霧笛を鳴らした経験のある職員Uさんが熱ぽく説明、灯台乙女たちは日本最初期の鋼板を使用したカマボコ型の建物やきちっと保存されているエアサイレン式の機械装置を目を皿のようにして見学していました。 

0
17Nov
By 仲田 博史 | blog, Printing

野島埼の霧笛舎が解体に‼

灯台150周年記念式典(11/1)の会場で、野島埼灯台の霧笛舎(千葉県房総半島の南端)が近く解体されることを知りました。それも、3日、4日の同灯台特別公開後間もなくだというのです。 野島埼灯台へは、私もこれまでに何度か行ったことがありますが、かなり前から霧信号所は閉鎖されており、建物の周囲には草木が生い茂っていて中をのぞくこともできない状態でした。 今回、その霧笛が跡形もなくなってしまうと知ったからには矢も楯もたまらず、犬吠の霧笛を録音していただいたW君を誘って見てきました。3日当日は、野島崎灯台と同じく犬吠埼灯台も特別公開日でしたので、片道4時間ほどの道のりを往復、犬吠埼の行事にも間に合い、銚子海上保安部の皆さんに野島埼霧信号所の解体前の現況報告や千葉海上保安部や日本航路標識協会(JANA)、(公社)燈光会の方々のメッセージをお伝えすることもできました。 野島埼の旧霧笛舎は、最終調査や公開日に備えて、可能な限り整理されていましたが、鉄筋コンクリート2階建ての霧笛舎には、あたかも砲撃を受けたような鉄筋むき出しの大穴がいくつも開いており、屋内のエア・サイレン機器や配管・鉄製の階段も真っ赤にさびていて、ゾロリと崩れ落ちそうな状態でした。 解体後は、ラッパと吹鳴器が資料館に展示される予定とか。また、日本航路標識協会等が調査報告書をとりまとめ中とのことで、学術調査の記録が残ることはせめてもの救いです。 野島埼のエア・サイレン装置は、犬吠埼の装置と比較すると、同じ方式なのですが、多くの違いが見られます。ザックリいえば、野島埼のエア・サイレンは、戦前から戦後初期にかけてのもので、犬吠埼の一つ前の形式と推測されます。 まず、原動機については、モーターおよびディーゼル・エンジンという正副2系統になっており、基本的には同じ構成なのですが、原動機から圧縮空気を作るコンプレッサーへ動力を伝える方式が大きく異なっています。野島埼では、長い幅広の布ベルトで原動機から動力をコンプレッサーへ伝える方式になっていましたが、これは戦前の犬吠埼霧信号所の絵葉書や写真等でよく見られるものです。また、大量の圧縮空気をあらかじめ貯めておく貯気タンクの数は、犬吠が5基なのに対して野島埼は2基でした。そのほか、ガラスの扉のついた古い家具を思わせる電気制御盤や壁に取り付けられたコンプレッサーへのオイル供給タンク、圧縮空気を階上の吹鳴器まで送る空中配管などに違いが見られました。ラッパは2階の屋根から屋外に突き出ていましたが、肝心の音を発する吹鳴器は、犬吠埼と同様ラッパと一体になっている送音管の末端に取り付けられたまま残っていました。それは縄できつく縛られ、かろうじて脱落しないでいる痛ましい状態でしたが、ピカピカに磨き上げた予備の吹鳴器(真鍮製)を海上保安部の若い職員の方が展示用に持ってこられた時は感激ものでした。 ちなみに、野島埼霧信号所の吹鳴は、55秒を隔てて5秒吹鳴だったということです。

0
05Nov
By 仲田 博史 | blog, Printing

いま、三重は志摩、安乗・大王あたりが熱い !

志摩の第1回灯台ワールドサミットを応援しよう!開催を今月10日、11日に控えて、目下、志摩市では全国からの参加を猛烈に呼びかけています。少し前、銚子の老舗の醬油屋さんが伊勢神宮の神嘗祭りに参加、賢島を観光したところ、いろいろな場所で銚子市長の顔写真も入ったポスターを見たぞと知らせてくれました。志摩サミットのおすすめ情報は、私にも9月末当地の犬吠埼灯台乙女養成講座で講演していただいた不動まゆうさんや、江ノ島で灯台グッズの販売をしているアサップのYさんからも届いています。 シンポジウム会場や懇親会場では多種多様の切り口で灯台に関わっている人びとが大勢集まると期待しています。灯台大好き人間の輪が一段と広がること請け合いなので、皆さんも是非参加してみてはいかがでしょう。 実は、銚子の犬吠埼も、第2回サミット開催することを市長さんたちの間で申し合わせています。なので、来年のPRと視察を兼ねて市職員や私たち市民も参加します。毎回、開催地はローカルですが、ワールドと謳うからには、内容面でもその名にふさわしく、"ローカルにしてグローバル”といけたらよいと思っています。 今すぐにではなくても、いつか、灯台のあるまちがリレーしていくこの灯台ワールドサミットで、航路標識に関連した本物の国際会議をサミットの中で開催することや、灯台で結ばれた外国の姉妹都市や世界中にある灯台ファンの組織(アメリカのU.S.Linghthouse Society、イギリスのWorld Lighthoiuse Society, etc )との交流の場、およびそれらの団体会員の日本灯台見学ツアーの誘致なども実現できるとうれしいですね。※ 写真と以下のtextは不動まゆうさんから届いた応援メールをそのまま掲載しました。今年から開催する灯台の大きなイベント「灯台ワールドサミット」についてご案内します。「灯台ワールドサミット」は灯台の魅力を多くの方と共有し、灯台の文化的価値の高さを広めることを目的としたイベントです。今年は三重県志摩市で開催し、来年は銚子市(犬吠埼灯台)にバトンを繋ぎます。将来的に全国の灯台で開催していくことを目標としています! 日程:11月10日、11日(土日)場所:三重県志摩市(大王埼灯台、安乗埼灯台、周辺施設)◎イベント内容①灯台の講演 【入場無料】11月10日(土)11:10~16:20灯台をご研究なさっている先生方が、灯台建築、歴史などについてお話しくださいます。知的好奇心が爆発すること間違いなし!講演者・藤岡洋保先生 (東京工業大学名誉教授)「灯台に見る日本の近代」・ヴィンセント・ギグエノー先生(フランス海洋博物館)「フランス式の灯台とフランスの灯台観光の現状」・藤島充良先生 (第4管区海上保安本部 名古屋港海上交通センター)「鳥羽志摩地域の灯台」「灯台で地域活性をはかる」ことをテーマとしたパネルディスカッションも開催。志摩市長、銚子市長、御前崎市長、出雲市長が登壇されます。灯台を未来に残すための大切なディスカッションです!会場では灯台グッズの販売もありますよ! ②安乗埼灯台の元でフグ三昧の交流会 【参加費5000円(申し込み先着50名)】11月10日(土)17:30~安乗埼灯台の目の前の芝生にテントを張って懇親を目的としたパーティが開催されます!旬をむかえる「あのりふぐ」を堪能しましょう。灯台の踊り場(バルコニー部分)では古の光であるガス灯器の光も点灯(陸から見える側のみ)!灯台の光を眺めながら志摩の海の幸に感謝しましょ〜!灯台の夜間公開もあるそうですよ〜♪ ③灯台クルージングと街歩き!【参加費3000円(申し込み先着合計50名)】11月11日(日)8:30~11:00大王埼灯台と麦埼灯台を船から眺めるクルージングツアーです。海から見る灯台はさらにカッコいいですよ!船が苦手な方は街歩きツアーに参加してください!大王埼灯台の見学に加え、志摩の街並みを散策し、海街を体感できます! イベントに参加したい方はこちらからお申し込みください!http://www.knt-c.co.jp/ec/toudai_summit/(近畿日本ツーリスト)このサイトでは宿泊の手配もしてくれます。

0